六本木マイペース日記

2017年2月10日
離婚…弁護士に相談したら?

離婚のことを考え始めたとしても、いざ、弁護士のところに相談に行く、というのは、なかなかハードルが高いことと思います。

 

たとえば、離婚をするかどうか、その時点で揺れ動いているときなど、弁護士に聞きたいことはあるけれども、実際に行ってしまったら、自分の気持ちを整理する間もなく、離婚に向かってことが進んでしまうのではないのか、という不安もあったり。

 

あるいは、まだ自分の中で離婚するかどうかも決めていない段階で、弁護士に相談に行っても良いものか、という迷いもあったり。

 

離婚事案というのは、法的問題ではありながら、弁護士のパーソナルな価値観、考え方がかなり反映しているもののように思います。

 

私の知る範囲でも、

 

離婚の相談に来た女性に対して、とりあえず、「離婚はしない方が良い。」、と説得する弁護士(離婚したら、生活に困ることになる方が多い、という経験にもとづいている)。

 

離婚の相談に来た人には、とりあえず、取るものをとって別れろという弁護士(大変に合理的)、

 

などなど。

 

先日は、離婚ではなく、夫婦円満にしたいけれど、まずは弁護士に相談してみたら、と知り合いに紹介されて行ったところ、とんとん拍子に(?)離婚調停を申し立てることになってしまった、という方もいました。

 

夫婦円満調停というのもあるはずなのですが・・・(^_^;)

 

なので、こと離婚に関しては、結婚観、価値観において、なんとなくシンパシーが感じられる弁護士に依頼をするのが良いのではないか、と思います。

 

日々、離婚の相談は受けますが、離婚をするかどうか、まずその時点で迷っている、という方の相談も多いです。

 

その場合は、できるだけ選択肢を示し、離婚をしたらどうなってしまうのか、しなければどうなるのか。

 

ご本人が想像できるような道筋、シミュレーションを示して、やはり本人に最後は決めていただきたい、と思っています。

 

また、一度は離婚をしたい、ということで話が始まったとしても、途中で、やはり離婚には踏み切れない、と揺れ動いたりしたとき。決して、離婚するように説得したりはしません。

 

多くの弁護士も、おそらくはそうだろうと思うのですが・・・。

 

しかし、離婚をしたくない側の当事者の方からは、「自分の夫(妻)本人ではなく、相手の弁護士が離婚するように仕向けている。」と考える方もいらっしゃいます。

 

通常は、弁護士が離婚しろ、とか、するな、とか説得することはないので、「そんなことはありませんよ。」と説明することが多いのですが、でも、最近は、そうではない場合もあったり、と。本当に多様です。

 

とりあえず言えることは、

 

離婚するかどうか、迷っていても、相談したい気持ちがあるのであれば、ぜひ相談してみて下さい。必ず選択の一助になるはず、だと思います。

 

なんだか、「とりあえず」が多い一文になってしまいましたが、そのくらいの気持ち、「とりあえず」の気持ちでで来ていただければ良いと思います。